《 お薬〜素朴な疑問集  》

Q1.お薬は水で飲まなくちゃいけないの?
 薬は水又はぬるま湯で飲むのが原則です。(約コップ1/2位)水なしで飲みますと薬によっては食道等にくっついて溶けだし、粘膜を傷める事があります。
Q2.食間に飲むように言われたけど食事の途中に飲むのかしら?
 大部分の薬は食後30分に飲みますが、薬によっては服用時刻が定められている物があります。お薬の袋に一日何回、一回何錠などと、飲み方が書いてあります。                                                  
 服用時刻のめやす
食 前 : 食事の前約30分前後に服用 (糖尿病薬・抗潰瘍薬など)
食 間 : 食事の後約2時間後に服用 (漢方薬など)
食直後 : 食事の後すぐに服用 (栄養剤・消化薬など)
食 後 : 食事の後約30分に服用 (風邪薬など一般の薬)
(吸収がよく、胃を荒らさないため)
時間薬 : 6時間ごとに服用等 (抗生物質など)
(薬の血中濃度を一定に保つため)
                   
服用時間を間違えると効果の無いものもあります。
Q3.症状が治まったらもう飲まなくていいの?
 通常の場合、症状が治まってから1〜2日後に中止します。ただし、血圧降下剤、糖尿病薬など生活習慣病の薬は、長期間飲まなければならないものもあります。自分で勝手に判断せず、医師の指示に従いましょう。
Q4.どのくらいの量を飲めばいいの?
 薬には最適の治療量があり、多く飲んでも害がありますし、少なく飲んでも効かない、というようになっています。基本の薬量は年齢や体重などにより決められています。特にお年寄り・子供への量は注意が必要です。
Q5.妊娠中や授乳中は薬を飲んじゃいけないの?
 妊娠中・授乳中は薬の影響を受けやすいものです。もちろん胎児や乳児に大きく影響します。しかし、薬が必要な場合がありますので自己判断せず、必ず医師・薬剤師に相談するようにして下さい。
Q6.薬はどうやって保管したらいいの?いつまで使えるの?
  薬は、薬袋に正しく入れ、救急箱、引き出し、缶など、直射日光に当らない場所に高温、高湿度を避けて保管します。子供のいる家庭では手の届かない、目に付かない場所に保管します。保管期間の目安は、錠剤で6ヶ月、液体の薬・目薬は開封後指定の無い場合1ヶ月以内を目安とするといいでしょう。(ただし保管方法を守っての場合です。)粉薬の場合は、1包になっている場合は6ヶ月、調剤された薬は3ヶ月。
 特に指定が無くても夏の場合では、液体の薬、坐薬は冷蔵庫に保管して下さい。

        調剤薬は薬店で販売している大衆薬と違い、ご本人だけのものです。
        症状が同じようでも
   決して他の人にあげたりしないでください
 お薬のこと、おからだのこと、いつでもお気軽にご相談ください